「AI工程」紹介

技量に合わせた自動工程登録により、最適化した工程管理が楽にできる。

 資料:AI工程管理システム

<機能>

担当者の技量をレベル分けし、製品の難易度に合わせて工程を自動登録する。

【工程自動登録】

<特徴>

・担当者の技量を工程ごとにレベル分けします。

・製品の難易度を数値化し、最適な担当者をレベルで絞り込みます。

・技量に合わせた最適な担当者の割当を自動で行うことで、工程作成時間を短縮することができます。

<効果>

製品情報共有化し、製品毎の原価から利益を可視化する。

【営業支援】

<特徴>

・製品情報を共有化し、チーム営業力を強化します。

・顧客毎、月毎に実績をリアルタイムで見える。

【情報の共有化】

<特徴>

・製品報管理と工程・日程を管理すことで社内のリソースを考慮した営業ができます。

・製品情報を電子化し、工程管理を自動で行えるようにする。

・電子資料、ナレッジを共有化することで、社員の情報格差をなくします。