「AI工程」紹介

 

 資料:AI工程管理システム

目次

・はじめに

・製品毎の「難易度」を数値化

・工程管理ノウハウの数値化

・工程の自動登録

・コストの可視化による原価管理

はじめに

・工程管理の重要性

 -工程全体を把握している責任者が工程を作成

 -納期に合わせた工程作成のノウハウ

・原価管理

 -利益(売価−コスト(人件、加工、材料費))の見える化

・現場と管理者の意志疎通

 -部分最適から全体最適へ

製品毎の「難易度」を数値化

・製品の「難易度」を数値化

 -製品毎に難易度が違い、対応できる担当者が違う

 -製品毎に精度・サイズが違い、対応できる機械が違う

・現場と管理者を繋げる仕組み

 -担当者と管理者が意思疎通するためのツール

 -システム化により、ノウハウを蓄積させる

工程管理ノウハウの数値化

・担当者の技量・技能を数値化

・機械の精度・サイズを数値化

・担当者・機械に数値化された値を割当てる

工程の自動登録

・スケジュールの自動化

 -製品の難易度に合わせ、担当者と技量と機械の性能に合わせた絞り込みを行う

 -絞り込まれた担当と機械のスケジュールを自動的に割り当てます

・スケジュールの再利用

 -過去に作成した工程は、再利用が可能になる

コストの可視化による原価管理

・工程の数値情報から原価計算

 -担当者と機械の作業時間からコストを計算する

 -売価から原価を差し引き、利益を計算する

・製品・担当者の利益評価

 -製品の利益計算ができるようになることで、担当者毎の利益計算ができるようになる